ラスロンGの普及目的

世界の人口60億人のうち、乗用車やトラックを日常的に使っている米国、日本、西ヨーロッパの国々の人々は約6億人であり、世界人口の約10%を占めています。さらに中国(12億人)、インド(7億人)、東南アジア(5億人)の人々が次々とクルマ時代に突入すると、2025年頃には自動車用鉛電池の需要は現在の10倍にもなり、20兆円の大産業になると言われています。この大産業の鉛電池を完全にリサイクルすることは事実上困難です。であるなら、本添加剤(活性化剤)を使ってその電池寿命を2〜3倍に延ばし、廃棄電池を 1/2〜1/3 にすることで、21世紀の地球環境へ貢献できるのではないでしょうか。これがラスロンGを普及させようと努力する私たちの真の目的です。


ラスロンGはプロに支持される業務用添加剤です

ラスロンGは、鉛蓄電池の極板に直接作用して極板環境を整える鉛蓄電池専用添加剤です。市販の「バッテリー強化剤」とは全く違います。一般に市販されているバッテリー添加剤は、本質的な意味でバッテリー能力を回復させるとは言えない物が多いというのが実情です。ラスロンGは業務用として製造・販売されていますので、薬剤自体の効果は100%確実にある(ただしバッテリー自体の物理的故障は除く)と言い切ることができます。ここが市販の添加剤と全く違うところです。本気で「鉛蓄電池の廃棄量を低減させたい」と願う企業や個人に使っていただきたい添加剤です。

現在の地球上にはたくさんの乗用車、トラック、バス、タクシー、フォークリフト、ゴルフカート、各種船舶などが使用されており、これらのすべてに鉛電池が使用されています。本剤は、従来品と異なり、効果が1年以上持続するので、年1回の添加(例えば、鉛電池に精製水を補充する時に一緒に添加する…等)だけで新品に近い電池性能を維持できます。従来品は、効果が2〜3ヶ月で尽きる物が多く、年に何回も添加することが必要となるために費用も余計に掛かっていましたが、本剤はその必要がありません。導入時にも、その後の継続使用の際も極めて経済的に効果を得ることができます。


標準添加量の求め方

バッテリーの種類にもよりますが、一般的なバッテリーでは、添加量を算出するために次のような式を用います。

この計算式で求められた添加量を、半年〜1年に1回、定期的に添加します。


バッテリー容量の表示位置

バッテリーの容量はバッテリーが持つパワーだと思って下さい。バッテリー本体またはケース側面に記載されています。

例えば、400Ahという表示のバッテリーがあったとします。このバッテリーの容量は400Ahです。5hで割ると80Aです。80Aの負荷をつなげば5時間使えます。これが「5時間率」の意味です。10hで割ると40Aです。このバッテリーは40Aの負荷を接続すると10時間使えます。これが「10時間率」です。このようにバッテリーの能力を表現します。
※Aはアンペア(電流の単位) hはアワー(時間の単位)です。


ラスロンG処理対応表

→もっと詳細なラスロンG処理対応表はこちらをご覧下さい。


ラスロンG使用の際に注意すべき事項(禁止事項・その他)

■ラスロンGは並列接続したバッテリーには使用できません

並列接続とは、バッテリーを2個使用し電圧12Vで使っている場合などを意味します。(電圧が24Vの場合は直列接続であり、特に問題はありません。)並列接続したバッテリーにラスロンGを使用すると、片方だけしか回復しないのでバッテリーを痛めます。

■ラスロンGはメンテナンスフリーのバッテリーには使用できません

注入口の無いメンテナンスフリーのバッテリーに対してラスロンGを使用することはできません。

■ラスロンGを入れると電解液が泡となって噴きこぼれることがあります

ラスロンG薬液には粘性があります。このことから、鉛蓄電池の劣化状況によっては内容液(電解液)が注入口から泡となって噴きこぼれてくる場合があります。これは劣化が著しい場合にのみ見られる現象で、ラスロンGが元気に反応している証拠でもあります。このような現象が生じることが予想されるような寿命末期の古い鉛蓄電池に対して使用する場合は、規定量の半量を添加し、半年後に残りの半量を添加するという半量分注法を採ります。薬液量を調整することで反応の幅を小さくし、噴きこぼれるほどの激しい反応が起きないようにして危険を回避します。

■ラスロンGを規定量添加すると、一時的にエンジンがかからないほどの性能低下が生じることがあります

鉛蓄電池の極板に多量のサルフェーションが定着していると、ラスロンGが反応活動を行うためのエネルギーがそれだけ大きくなりますので、電池が息切れしてしまう状態になるのだと理解して下さい。このような場合も、半量分注法を採って、薬液量を調整することによる反応量の調整を行います。既に添加してしまった後でこのような症状が見られた場合は、鉛蓄電池を軽く充電してみると良いでしょう。

■鉛畜電池の劣化の回復には、ラスロンGの添加後3サイクル程度の充放電が必要となる場合があります

これは完全放電から完全充電までが1サイクルであり、これを3回程度繰り返す必要があるという意味です。
ラスロンGは充電時にサルフェーション分解還元反応を行います。したがって、ラスロンGは添加して放置しただけでは電池の性能回復は見込めません。通常の乗用車、トラック、バス、フォークリフトに搭載されている鉛蓄電池は、特に充放電をすることなく、2〜3ヶ月使用しているだけで電池の容量(Ah)が増加し、電池性能は回復します。しかし、電池性能が回復する期間をもっと短くしたい場合や、劣化の進んだ鉛畜電池の場合は3サイクルの充放電が必要です。産業ベースでのリユース業者には必要となる作業です。


ラスロンGあれこれミニ知識

★最近、安全のため昼間点灯を推進している運送会社があります

このような場合、充電不足によるバッテリーの寿命の著しい低下が懸念されるところです。運送業者の自社メンテナンスには、ラスロンGが非常に有効だといえます。営業先に運送業者を考えていた方は鋭い着眼点です。しかし、運送業者の方々は特に採算を最重要視していますから、彼らを説得できるだけの確かな電気的知識力が問われることは確実です。事前の準備が必要です。

★正常なバッテリーの比重は新品時1.28〜1.30に調整し出荷されています

ラスロンGを添加し3サイクル程度充電放電を繰り返せば新品の比重まで還元します。店頭に並んでいるバッテリーも、何もしなくても自己放電を行っています。店頭在庫の品質管理にラスロンGを用いても効果的です。

★比重のバラツキが0.02以内の時点で添加するのが最も理想的

ラスロンGを新しい電池に添加しても害はありません。その有効成分は陽極(PbO2極)で少しずつ酸化分解されるので、その電池の平均寿命の50%を過ぎた頃での添加が最も経済的だということになります。ただ本添加剤は安いものなので、新電池の時から毎年加えておくことを奨めています。陰極の劣化が起きず、長い期間新電池とほぼ同じ容量で使用できるからです。年1回、新電池の時から添加することをお奨めします。物理的に故障するまで電池寿命は確実に延長されることでしょう。良好な寿命の延長のためには、可能ならば比重のバラツキが0.02以内の時点で添加するのが好ましいようです。

★「物理的故障」に対する対応

電動フォークリフトなどは、たくさんの電池がシリーズ(直列)に繋いであり、その中のいくつかが物理的に故障していることが多いものです。このような場合には、極端に劣化した電池を中古品(多少劣化した程度のもの)で結構ですので、これと劣化電池を取り替えてから、交換した電池を含めた全体に添加剤を入れるという方法をお奨めします。

★バッテリーチェッカーDC−60Bをおすすめしたい理由

複数のバッテリーを搭載している電動フォークリフトなどの場合では、どのバッテリーが劣化しているのか、通常のラインテスター(一般にテスターと呼んでいるもの)ではほとんどわかりません。当社のバッテリーチェッカーDC60Bをご使用になれば、単純なバッテリーの良し悪しばかりでなく、そのバッテリーがどのくらい弱っているかというような「現在の状態」まで、簡単に、瞬時に測定できます。従来は、1〜2割能力が低下すると全数交換を余儀なくされていました。ラスロンGをうまく使えば、これを避けることができます。物理的故障状態の数個を交換するだけでよいからです。上手な利用で、環境とコストの削減を同時に達成することが可能です。

バッテリーチェッカーDC-60Bについてはこちらをご覧ください。

★より詳しい情報は「ラスロンドットコム」をご覧下さい。
弊社が運営するラスロンドットコムには、代理店の営業資料としても役立つように詳しい内容を掲載しています。


→ ラスロン専門解説サイト「ラスロンドットコム」へ



当サイト内の掲載情報の無断転載は固くお断りします。(C)アワレイジ有限会社